LINEで送る
Pocket

ユーチューバーになろう!というカテゴリまで作って始めたこの企画。実は最近youtubeに動画投稿を始めました。

試行錯誤しながら撮影しましたが、とにかくネックなのが

録音した

自分の声を聞くのも嫌!

ということでした・・・。

いやあユーチューバー侮ってましたよ。

よく考えてみたら留守電いれるのも苦手なのに

一人で延々喋り続けるなんてハードル高すぎでしょ!?

そんなわけでうちのニャンコたちに頑張ってもらうことにしました。

それがこちらです。

動画作成に使用したもの

MacBook(以下使用したアプリ)

  • iMovie
  • Keynote
  • Photoshop
  • Illustrator

iPhone(撮影用)

  • カメラ

フリー音源

 

Photoshop・Illustratorはハードル高いかもしれませんが、png保存ができるソフトであればなんでも構いません。フリーソフトであればGIMPがおすすめです。

なぜpng保存が必要なのか?

png形式で保存した画像は背景を透過することができ、飾り文字などを動画に配置しやすくなります。

ちなみに今回の動画でIllustratorとPhotoshopを使用したのは最初のタイトルと、最後のチャンネル登録お願いの文字の部分だけで、内容はすべてiMovieだけで作りました。

威張っていうことじゃあありませんがやっぱりしょぼいですね。

YouTubeで収益化するために必要なこと

1. 著作権違反をしない

YouTubeにアップしてびっくりしたのが著作権違反を瞬時に見抜いてしまう事です。よくワゴンセールで売っているような指揮者の書いていない手持ちのクラシックだったので、フリーだろと思い使用したら、この音源は〇〇の著作物です。音源を消すかYouTubeが代わりの音源を入れ直します。とのメッセージがきました。

背景に別の映像が動いていたり、動画を小さくしたり。反転させたりしたテレビの動画がアップされていますが、音源から見抜く機能があるのならばそんな小細工は意味がないですよね。

また、著作権違反と判断された動画は、著作者へ収益がいくようなシステムになっているためYouTubeから収益を得たいならやらないほうがよいでしょう。

2.アドセンスに登録

YouTubeを収益化するためにはまずアドセンスに登録しなければなりません。そのためホームページやブログを開設している必要があります。

無料ブログなら持っているという方でもYahooブログはアドセンスは貼れませんし、アメブロやFC2自体がアドセンスを貼っているため規約違反になる可能性が高いためお勧めできません。

広告の入らない無料ブログはないのでできれば、有料サーバーに契約し、独自ドメインを取得しないとしてもそこで与えられるドメインで運用することをお勧めします。

アドセンス登録はこちら

https://www.google.co.jp/adsense/start/#/?modal_active=none

3. 総再生数が10000回以上から収益化の審査対象

ユーチューバーを目指す人が折れてしまうのがここでしょうね。どうやら外部サイトから見ても再生数に影響しないため、ツイッターなどに貼ってもツイッター内で見られても再生数にならないようです。

ツイッターの総フォロワー数が1万ちょっとあるので、そちらに投稿したのですがほとんど再生数に影響ありませんでした。

ニコニコ動画にも同時に投稿しているのですが、単純な再生数では約4倍になりました。

ニコニコ動画のクリエイター推奨プログラムに参加すれば収益化できるそうなのでそちらの方が収益化は早いかもしれません。

YouTubeの魅力は収益化だけではない

人を楽しませるというエンターテイメント性を鍛えられる

人気ユーチューバーのヒカキンさんやはじめしゃちょーなどは、そもそもYouTubeから広告収入が入る前から始めていました。

一円にもならないけども楽しいから・楽しんでもらえるから、それだけをモジベーションに動画をアップし続けていました。

手前味噌ながら最初にお見せした動画から3作目がこちらになります。

クオリティはまだまだですが、どうやったら面白くなるか?と試行錯誤しながら作りました。

当然こちらの方が手間はかかっているのですが、動画制作にかかった時間は最初にアップした方の半分くらいの時間で作ることができました。

すでに最初に作った動画を作り直したいと思えるくらいには成長しました。

まさに日進月歩の成長です。

新しいことにチャレンジするとまだ伸びしろがあったんだと驚かされます。こうした成長が実感できるのも楽しみの一つです。

喋り方、見た目など見られることを意識し始めた

はじめに自分の声が恥ずかしいと明言しましたが、慣れてくると冷静に聞けるようになり、どんなトーンで話したら面白く聞こえるか?や滑舌よくしゃべる特訓などボイスレコーダーに吹き込みながら練習と研究しています。

そして実際にゲーム実況のチャンネルを持ち、試行錯誤しながらしゃべっています。

最初から上手い人はいない!恥をかいてかいてかきまくる!

馬鹿になれ とことん馬鹿になれ
恥をかけ とことん恥をかけ

かいてかいて恥かいて
裸になったら見えてくる
本当の自分が見えてくる

本当の自分も笑ってた
それくらい 馬鹿になれ

アントニオ猪木さんの言葉どおりですね。恥ずかしがっていてはできません。でも逆にこれができるなら何でもできますよね。

昔「地獄の特訓」という若干宗教じみたセミナーが流行りましたが、そこでは「恥」を捨てさせるため目標を大声で言うなどさせていました。

ユーチューバーは自ら恥をかくことをだと思います。

才能はいらない。とにかく手数と継続

これまた人気ユーチューバーのかずさんも言ってたことですが、天才じゃなくても60〜70点は取れる。僕は7年続けて70点が取れるようになった。と語っていました。

継続こそ力なりですね。

まずは目標10000再生に向けて動画を配信していきたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
Pocket