App Store元旦だけで3億ドル(約390億円)の売上
LINEで送る
Pocket

Apple Store

App Storeでの世界中で、2017年のホリデーシーズンにはかつてないほどに多くの時間をアプリケーションやゲームを購入し、その購入額は2018年の元旦だけで3億ドルに達しました。

クリスマスイブからの一週間だけで、過去最多のユーザーがApp Storeからアプリケーションを購入・ダウンロードし、7日間の購入額は8億9000万ドル(約107億円)を超えたそうです。

年間3兆円。前年対比30%増
まだまだ拡大するApp Store市場

iOSの総売上は、2017年だけで265億ドル(約3兆円)となり、この数字は2016年から30パーセント以上も増えているそうです(Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラー・談)

ポケモンGOがAR(拡張現実)搭載で1位に返り咲く

Pokémon GOのAR体験を強化したバージョンは、よりダイナミックなゲームプレイを現実世界で実現するために、AppleのARKitが利用されています。
Pokémon GOは、新しいAR機能を実装して登場した12月21日、App Storeランキングのトップに返り咲きました。
この新機能は、さらに緻密でリアルなゲームプレイを実現するために、AppleのARKitフレームワークを基盤としています。このようなARKit対応アプリケーションは現在2,000本に迫る勢いでApp Storeの全カテゴリーに広がっています。

AR(拡張現実)のアプリ

最も人気のあるARタイトルには、ゲームならば
CSR Racing 2、
Stack AR
Kings of Pool
買物アプリ
Amazon
Wayfair
教育アプリケーションならば
Night Sky
Thomas & Friends Minis
ソーシャルメディアアプリケーションならば
Pitu
Snapchatなどがあります。
新たに再設計されたApp Storeは昨年9月に登場したiOS 11から実装されていますが、アプリケーションやゲームの見つけるのが面白く簡単になったことで、5億人以上のお客様が毎週利用されています。App Storeに新たに用意された、Today、ゲーム、Appという3つのタブでは、2017年にブレイクしたヒット作品―Animal Crossing: Pocket Camp、Monument Valley 2、King of Glory、Calm、Affinity Photoなどを紹介してきました。Clash of Clans、Candy Crush Saga、Enlight Videoleap、1Password、Huluといったタイトルの人気は、2017年を通じて衰えることはありませんでした。
2008年7月にApp Storeがオープンして以来、iOSデベロッパは累計860億ドル以上も稼ぎ出しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
LINEで送る
Pocket